Event is FINISHED

「コエドビール学校」~ビールの科学と文化を学ぶ、COEDOクラフトビール醸造所見学ツアー 2018年4月7日(土)

Description

ビールの科学と文化を学ぶ「COEDOクラフトビール醸造所」見学ツアー「コエドビール学校」

 昭和50年代に建てられ企業の研修所だった建築をリノベーションして2016年9月1日に誕生した「COEDOクラフトビール醸造所」。こちらにちなみ、コンセプトを「学校」とし、1日校長を務める代表の朝霧重治がみなさまにビール工場をご案内します。

 麦、ホップ、酵母などの素材から、発酵、ろ過、充填にいたるビールづくりを、科学的、文化的要素とともに紐解き、レクチャー。醸造を丸ごとご覧いただけるツアーを体験いただいた後には、ビールの試飲をお楽しみいただき、最後には「学校」ならではの小テストも実施します。

 ご参加にあたっては、下記の要領に従いお申し込みください。皆様のご参加をお待ちしております。

 4月のはじめにはブルワリーの桜も咲いているかもしれませんね。

■定員 20名/回

■時間割

13:30 受付開始

14:00 講義開始(醸造所見学含め、1時間20分)

15:20 試飲(40分)

16:00 終了、下校

■交通 「COEDOクラフトビール醸造所」最寄りコミュニティバス停留所「網張戸」

往路 東松山駅東口13:15発~網張戸13:34着 復路 網張戸16:30発~東松山駅東口16:59着をご利用いただくか、タクシーにて登下校ください。

■その他

醸造所の直売所で、おみやげのビールをお買い求めいただけます。

お帰り前に、駅近辺で、東松山名物の「やきとり」をおともに復習してください。

プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

■COEDOクラフトビール醸造所

 コエドブルワリーは、100年後も醸造を続けることができる環境づくりのため、2016年9月1日、醸造所を埼玉県三芳より同県東松山に移転しました。昭和50年代に建てられ企業の研修所として使われてきた美しい建築を、高度成長期の昭和の産業遺産として引き継ぎ、醸造所に改修いたしました。工業団地ではなく、埼玉の田園地帯の背後に森が控える丘の上にあり、敷地内に掘った井戸から醸造用水を確保し、醸造活動で排出される排水も浄化し自然に返します。 科学者と農家の力を借り、醸造時に排出される麦芽の粕を牛に、酵母を豚に食べてもらう良質な飼料として活用し、今 まで以上に地域循環の仕組みにも取り組んでいます。 緑豊かな自然の中で、ビール職人達は、環境と一体になった真摯なクラフトビール生産活動を継続していきます。

Sat Apr 7, 2018
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
COEDOクラフトビール醸造所
Tickets
「コエドビール学校」~COEDOクラフトビール醸造所見学ツアー SOLD OUT ¥1,800
Venue Address
埼玉県東松山市大谷1352 Japan
Organizer
COEDOBREWERY
649 Followers